任意整理後でもローン審査には通過できますか?

今まで積み重なった借金がついに限界を向かえてしまい、普通には支払えないという事で任意整理を行う事にしました。任意整理なら自己破産よりもリスクが低いと聞いていたので弁護士の方に依頼し、そのおかげで私の借金も大きく軽減され、これなら何とか支払っていけます。

おかげで今後の人生にも絶望する必要がなくなった…と思っていたのですが、その矢先に長らく使っていた冷蔵庫が壊れてしまい、買い換えが必要になりました。でも冷蔵庫を一括で買えるような余裕はご覧のようにありませんので、買うとすればローンが必要になります。でも、任意整理をするとローン審査に通過する事は出来ないのでは無かったでしょうか?

それとも、自己破産などと違って普通に通過する事ができるのでしょうか?他の人にはちょっと聞きにくいことなので、教えてもらえると大変ありがたいです。

5年は難しいかもしれません

任意整理というのは借金を帳消しにするのでは無く大きく減らしてから支払っていくので、自己破産と違って差し押さえなども無くて確かにリスクは小さくなっています。ただ、それでもリスクが全く無いというわけではありませんし、今回の質問者さんの場合でも同じです。

任意整理をした後も、お金借りるというのは難しくなってきます。任意整理を行うという事は信用情報機関に事故記録として残ってしまいますので、いわゆるブラックリスト状態になってしまいます。任意整理をして間もないというのであれば、当然ローンを組むのも相当厳しいでしょう。つまり、一括以外の選択肢が大幅に制限されてしまいます。

とはいえ、ずっと融資を受けられないというわけではありません。任意整理の情報が保管されるのは5年と言われていて、これが経過すればまた借りられるようになります。しかし、任意整理の対象となった金融業者にはずっとその記録が残ってしまうと言われていますので、もうそこでは借りられないと思った方が良いでしょう。任意整理であっても、こうした債権整理というのは見逃せないリスクがあるのです。

あと、この5年というのはあくまで目安です。この記録が残っているうちでも最終的な判断は金融業者が行いますので、任意整理から1年程度しか経過していなくとも借りられた、という報告があります。あくまでも報告なので信憑性についても疑問はありますが、必ずしも落とすというわけでは無いのは頭に入れておきたいところですね。

任意整理中のキャッシングローンの審査について

任意整理中にキャッシングローンを申込みをしても、融資を受けられるということは闇金融で無い限りほぼありえないことです。まず、任意整理とは、借金の問題を法的に解決するためのひとつの方法であり、弁護士や司法書士といった法律の専門家に委任して手続きをしてもらう方法です。自分の代わりに、弁護士または司法書士が債権者であるキャッシング会社と直接話し合って、返済額や返済期間の変更をすることです。

任意整理をすることのメリットについてですが、まず法律の専門家である弁護士や司法書士に介入してもらうことでキャッシング会社からの督促を一旦ストップさせることができます。貸金業者であるキャッシング会社が、契約者本人と交渉するには介入者である弁護士または司法書士を通さなければなりません。次のメリットは、とくに長期間取引をしている人は、利息制限法の上限金利である15%~20%まで借金を減額することが可能です。そして、未払いの金利や遅延損害金、将来かかる金利を返済する必要がなくなります。

長年取引をしている人は過払い金が発生している可能性がありますので、過払い金で元金を大幅に減らすことができます。そして、返済期間も原則3年以内に完済できるように無理のない返済計画を立てて完済を目指していくことが出来ます。しかし、取引開始が貸金業法が改正された2010年6月以降に契約された方は、もともと利息制限法以下の金利で契約しているため、あまり借金が減額されない可能性があります。また、この手続きをしてしまうと信用情報機関に任意整理の手続きをしたという事実が登録されてしまいます。この事実は5年間は情報が消されずに登録されたままになります。そのため、この期間に新たに借入やローンを申込みをしようとしても、信用情報調査のときに任意整理をした事実が判明すると、その時点で審査は通らなく、融資は断りということになってしまいます。期間終了後は、新たなローンや借入が可能になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【優良金融】破産者でも借り入れローン!?貴方の為の金融紹介! All Rights Reserved.